ホーム > エアリーフローラについて

エアリーフローラとは

"優雅な春の女神"という意味が込められた名前の「エアリーフローラ」は、2012年12月にデビューした石川県オリジナル品種のフリージアです。開花の最盛期が卒業や入学など新たな旅立ちの時期と重なることから、キャッチフレーズは「旅立ちを祝う花」、そして、花言葉は「希望」です。フリージアと言えば日本では黄色が一般的ですが、エアリーフローラは現在7色で展開中。一重咲きも八重咲きもあり、これまでのフリージアのイメージを変えてくれます。 
これからも開発を続け、石川県から新しいフリージアをたくさんご紹介していきます。

長くお楽しみいただくために

エアリーフローラは水揚げがよく、常温で1週間以上楽しむことができます。直射日光を避けて涼しい所に置くほか、
市販の「切り花栄養剤」(糖質と抗菌剤を含む)を使うことで、つぼみがきれいに開き、日持ちがさらによくなります。

販売期間

12月〜4月


お花いろいろ

  • エアリーピーチ

    エアリーピーチ

    桃色と白のかわいらしい色合いと、半八重の大輪でぽってりとした形が印象的。
    ブライダルやフラワーアレンジメントなどに大活躍です。香りは甘いフローラルの中に胡椒のようなスパイシーさがあり、かなり個性的です。

  • エアリーレッド

    エアリーレッド

    八重咲きで大輪のエアリーレッドは、鮮やかな深紅の花びらががしっかりと開き、つぼみの段階から色、形ともにゴージャス。
    バラに負けないその存在感は、フリージアのイメージを変えてしまいます。八重咲きでも茎が太いためしっかり立ちます。

  • エアリーピンク

    エアリーピンク

    パステルカラーの優しいピンク色。たくさんのつぼみがピンと斜め上を向いて一列に並びます。同時開花数が多く、細い茎には硬さがあって使いやすいことも特徴です。

  • エアリーパープル

    エアリーパープル

    日本人好みの淡い紫色がエアリーパープルです。どんな花とも相性がよく、和にも洋にも合わせられます。シリーズの中で一番最初に誕生し、最も生産量の多い品種です。

  • エアリーオレンジ

    エアリーオレンジ

    鮮やかでトロピカルな印象のオレンジは、寒さに強く低温でも花びらがしっかり開きます。球根も増えやすく、生命力にあふれた品種です。伸びやかにスイングする枝はアートそのもの。飾る楽しさが広がります。

  • エアリーローズ

    エアリーローズ

    ローズと白のコントラストが美しく、一輪でも映える大輪タイプ。茎は長く太いため、フラワーアレンジメントや生け花の素材として喜ばれています。シリーズの中では、同系色のパープルやピンク、ピーチなどとの相性もバッチリです。

  • エアリーイエロー

    エアリーイエロー

    シリーズの中で一番最初に咲き、春の訪れを告げてくれます。日本でフリージアと言えば黄色が定番ですが、エアリーフローラの黄色は、透明感のある軽やかなレモンイエロー。春のイメージにぴったりです。

  • エアリーシェルピンク

    エアリーシェルピンク

    日本海に広がる桜貝をイメージさせる、ピンクの花弁にクリーム色の芯が特徴。
    花びらがフリル状になり、華やかさが加わった八重品種です。

  • エアリーサンセット

    エアリーサンセット

    オレンジ系の八重品種で、茎がすんなり伸びた上品な品種。
    花びらの先に紫が入ると、まるで日本海に沈む夕日を思い浮かべ、哀愁を感じます。

  • エアリーシルク

    エアリーシルク

    シリーズの中で、最も大輪のクリーム系で、インパクト大の八重品種です。
    上品な色合いと優しい香りはブライダルなどに最適です。

  • coming soon
    エアリーフローラはこれからも研究を続け、カラーバリエーションを増やしていきます。
    どうぞお楽しみに!
  • 受賞歴

    ジャパンフラワーセレクション2013-2014で入賞しました。

    日本の花き業界における統一的な新品種コンテストです。毎年、春と秋に開催され、業界のプロが花の美しさや特性に加え、市場性や商品性についても総合的に評価し優れた花を選定します。エアリーフローラは、2013年3月の切り花部門の審査会で、ピーチ、レッド、ピンクの3品種が入賞しました。

    F&Gジャパンセレクション2013で入賞しました。

    国内最大級の花の展示会「日本フラワー&ガーデンショウ」において最も注目される新品種のコンテストです。一般来場者による人気投票を行い、その魅力を競います。エアリーフローラは、2013年3月に切り花部門に出品し、ピーチが第2位、パープルが第3位を受賞しました。

    日本フラワー・オブ・ザ・イヤー2013特別賞を受賞しました。

    ジャパンフラワーセレクションで入賞した中から、その年の最も優れた品種に与えられる「日本フラワー・オブ・ザ・イヤー」。ピーチは2013年の「フレグランス特別賞」「モニター特別賞」を受賞しました。
      フレグランス特別賞...芳香が麗しく、香りのデザインが優れた品種に授与
      モニター特別賞...一般消費者のモニター調査の結果、トップとなった品種に授与

    開発のあゆみ

    月日内容
    1997年(H9)試験的にフリージアの交配を開始し、15組み合わせの交配を行う
    2003年(H15)春~秋485個体から、紫の1種類(現在のf1:パープル)を選抜する
    2004年(H16)第2期交配を開始し、345組み合わせの交配を行う
    2007年(H19)3月7日f1(パープル)を品種登録申請する 
    2007年(H19)農家でf1(パープル)の栽培を開始する
    2008年(H20)f1(パープル)の販売を開始する
    2009年(H21)3月19日f1(パープル)が品種登録される
    2011年(H23)6月29日18882個体から選抜したf2~f7(イエロー、ローズ、ピンク、オレンジ、ピーチ、レッド)を品種登録申請する
    2011年(H23)農家でf2~f7(イエロー、ローズ、ピンク、オレンジ、ピーチ、レッド)の栽培を開始する
    2012年(H24)f2~f7(イエロー、ローズ、ピンク、オレンジ、ピーチ、レッド)の販売を開始する
    2012年(H24)シリーズ名、キャッチフレーズ、花言葉を一般公募する(期間:2月14日~4月15日)
    2012年(H24)12月13日公募により、シリーズ名が「エアリーフローラ」、キャッチフレーズが「旅立ちを祝う花」、花言葉が「希望」に決定する
    2013年(H25)3月21日ジャパンフラワーセレクション2013-2014で、f4(ピンク)、f6(ピーチ)、f7(レッド)の3品種が入賞する
    2013年(H25)3月24日F&Gジャパンセレクションで、f6(ピーチ)が2位、f1(パープル)が3位に入賞する
    2013年(H25)9月24日エアリーフローラを商標登録する
    2013年(H25)11月25日日本フラワー・オブ・ザ・イヤーで、f6(ピーチ)が「モニター特別賞」と「フレグランス賞」を同時受賞する
    2013年(H25)12月16日f2~f7(イエロー、ローズ、ピンク、オレンジ、ピーチ、レッド)が品種登録される
    農家でf8~f10(シェルピンク、サンセット、シルク)の栽培を開始する
    f8~f10(シェルピンク、サンセット、シルク)の販売を開始する